富士通、地図で商圏分析、小売りに出店地域を指南

2019/5/27 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

富士通は2019年度からスーパーなど流通・小売業者向けに、地図を使って商圏や物流の在り方を分析するサービスを始める。顧客情報や人口統計といった様々なデータを1枚の地図に重ね合わせられるシステムを使う。少子高齢化により商圏が縮小したり、買い物難民問題が深刻化したりするなか、出店すべきエリアなどを適切に把握する需要に応える。

富士通のシステムでは、一般の地図データに様々なデータを重ね合わせることがで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]