/

この記事は会員限定です

国で違う脱現金化事情 矢作大祐氏

大和総研研究員

[有料会員限定]

消費増税対策でキャッシュレス決済にポイント還元が計画され、国を挙げてキャッシュレス化を進めようとしている。世界を参考に日本に合う方法を考えるべきだ。

筆者は中国社会科学院でフィンテックを研究した。キャッシュレス化が進む中国・深圳ではファストフード店の店頭に人がいない。無人コンビニも多い。人手不足は日本に共通する。小売店の販売員は賃金が低く、社会の生産性をあげるには無人化したほうがよい。

中国のキャ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り870文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン