山口FG、3地域の官民連携で国と協定

2019/5/23 15:54
保存
共有
印刷
その他

山口県、広島県、北九州市の3地域で官民連携プラットフォームを組織した山口フィナンシャルグループと傘下の3行、YMFGZONEプラニング(山口県下関市)などは23日、内閣府・国土交通省と「PPP/PFI地域プラットフォーム協定」を締結した。

昨年組織された3つのプラットフォームには地域の自治体や民間事業者などが参加し、PFI(民間資金を活用した社会資本整備)など官民連携の手法を活用して地域課題の解決に取り組んでいる。現在、小中学校への空調設備導入(広島県三原市)や市営住宅跡地の民間利用(山口県宇部市)などを検討中という。

国と協定を締結したことで今後、事業化に向けた支援やセミナー開催、専門知識を有する職員の派遣などで各省庁の協力を得やすくなる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]