2019年6月18日(火)

山田技研、ニーズ先読み 積雪観測から衛星部品まで
北陸Tech&Unique

自動車・機械
コラム(地域)
北陸
2019/5/23 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

冬季の路面凍結や積雪量のセンサーでオンリーワンの技術を誇るのが山田技研(福井市)だ。単に雪や氷の量を観測するだけでなく、適切な融雪剤のまき方やタイミングまで分かる装置は全国の道路で活用されている。福井県内の企業と連携し、量産型小型衛星の開発にも乗り出した。

「どこにニーズがあるのか常に考えて、いつか必要とされるものを先んじて開発する」。同社で開発・設計を一手に引き受ける創業者、山田忠幸社長(71…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報