2019年6月20日(木)

公明・太田前代表、小選挙区で出馬せず 次期衆院選

政治
2019/5/23 12:26
保存
共有
印刷
その他

公明党は23日の中央幹事会で、衆院東京12区選出の太田昭宏前代表について、次期衆院選で小選挙区の公認を見送る方針を決めた。太田氏から党幹部に「小選挙区での活動は体力的に厳しい」との申し出があった。同選挙区では太田氏に代わり、衆院比例北関東ブロック選出の岡本三成氏がくら替え出馬する。

太田氏が比例代表に回るかは今後判断する。山口那津男代表は中央幹事会後の記者会見で、すでに安倍晋三首相や自民党幹部に太田氏の交代を伝えたと明らかにした。夏の参院選に合わせた衆参同日選の観測が影響したかは「関係ない。党の客観的な意思決定として決めた」と説明した。

太田氏は衆院当選8回。2006年に公明党の代表に就いた。09年の衆院選で落選し、代表を辞任。12年衆院選で国政に復帰し、第2次安倍政権で国土交通相を務めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報