/

「ペイペイ」悪用詐欺を初摘発 容疑の男を逮捕

他人のクレジットカード情報を悪用し、スマートフォン決済サービス「ペイペイ」で約35万円相当の商品をだまし取ったとして、愛知県警は23日までに、栃木県那須塩原市材木町の無職、平山貴則容疑者(21)を詐欺の疑いで逮捕した。県警によると、ペイペイを不正に使った詐欺事件の摘発は全国で初めて。

ペイペイを不正に使った詐欺事件の摘発は全国で初めて

県警サイバー犯罪対策課によると、平山容疑者は県内29店舗でパソコンや電化製品など約1千万円分の商品を転売目的で不正に買っていたとみられる。同課はカード情報の入手方法などを調べる。

逮捕容疑は2018年12月10日、東京都の30代男性名義のクレジットカード情報が登録されたペイペイのアカウントを使い、名古屋市千種区の家電量販店で、ブルーレイレコーダーとノートパソコン(計約35万円相当)をだまし取った疑い。

平山容疑者は「雇われてやった」と供述しており、同課は詐欺グループが関わっている可能性があるとみている。

ペイペイは18年10月にスマホを使った決済サービスを始め、同年12月に総額100億円を還元するキャンペーンを実施。その際に、匿名性の高い闇サイト群「ダークウェブ」上に流出したカード情報を悪用した不正利用が相次いだことが発覚していた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン