/

この記事は会員限定です

総合取引所の実現に残る課題

編集委員 志田富雄

[有料会員限定]

東京証券取引所などを傘下に持つ日本取引所グループ(JPX)と東京商品取引所が今春統合に合意したことで、株式や商品先物など幅広い上場商品をそろえる総合取引所が国内で実現する見通しになった。ただ、構想から10年以上を費やし、その間に世界との差は広がった。縦割り行政も残ったままで、本当に海外の有力取引所と競争できる存在になれるかどうかは未知数だ。

金利や通貨、株、商品などの金融派生商品(デリバティブ)は、世界の主要取引所...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2158文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン