2019年7月24日(水)

米アナログ・デバイセズ減収予想 ファーウェイ取引中断

ネット・IT
エレクトロニクス
北米
2019/5/23 4:22
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=佐藤浩実】通信基地局などで使う半導体を手掛ける米アナログ・デバイセズは22日、5~7月期の売上高見通しが14億~15億ドル(約1500億~1600億円)になりそうだと発表した。前年同期(15億7300万ドル)と比べて最大11%減少する。米政権の禁輸措置を受けて中国・華為技術(ファーウェイ)への販売を中断したことなどが響く。

米アナログ・デバイセズはファーウェイへの製品出荷を中断。5~7月期の売上高予想を押し下げる一因に=AP

ヴィンセント・ロシュ最高経営責任者(CEO)は電話会見で「皆と同じように困惑している」と話す一方、「近い将来においてファーウェイに何かを出荷することはない」と述べた。同社のファーウェイ向けの売り上げ規模は全体の3%程度とみられる。

アナログ・デバイセズは米東部マサチューセッツ州にある中堅部品メーカーで、電源管理用の半導体やMEMS(メムス)なども手掛ける。2~4月期の売上高は2%減の15億2700万ドル、営業利益は7%減の4億7千万ドルだったが、事前の市場予想を上回ったため22日の米市場で株価は約2%上昇した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。