大阪府立大・市立大の無償化拡大へ 府が方針

2019/5/22 23:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪府が、3年後の統合を目指している大阪府立大と大阪市立大で授業料無償の対象となる学生を拡大させる方針を固めたことが22日、分かった。国は2020年度から始める大学などの高等教育の無償化で低所得者世帯の支援策を打ち出しているが、府は支援をより厚くする。吉村洋文府知事は知事任期中の実現を目指し、23日開会の府議会本会議の所信表明で方針を明らかにする。

府立大と市立大は運営法人が4月に統合し、「公立…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]