南ア議会、ラマポーザ氏を大統領に再選出

2019/5/23 0:00
保存
共有
印刷
その他

【テヘラン=岐部秀光】南アフリカの議会が22日、8日の総選挙後初めて招集され、与党・アフリカ民族会議(ANC)の党首であるシリル・ラマポーザ氏を大統領に再選した。

22日、議会で演説する南アのラマポーザ大統領(ケープタウン)=ロイター

大統領に再選されたラマポーザ氏=AP

ラマポーザ氏は汚職対策として省庁と閣僚ポストの大幅な削減を公約に掲げた。改革を進めて停滞する経済に活力を取り戻す考えだ。22日にも新閣僚の人事を発表する見通し。就任式は25日に予定されている。

最大の焦点は放漫経営で深刻な電力不足を招いた国営電力会社エスコムの改革だ。発送電を分離し経営に競争原理を持ち込む案が浮上している。大規模な計画停電は市民生活を直撃し、工場の生産ラインが停止するなど経済活動に大きな影響を及ぼした。

ANCは総選挙で定数400のうち230議席を獲得して勝利した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]