2019年6月17日(月)

ダイムラー、新社長就任 迫られるリストラ・再編

自動車・機械
ヨーロッパ
2019/5/23 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ベルリン=深尾幸生】独ダイムラーの新たな経営体制が22日、発足した。13年間社長を務めたディーター・ツェッチェ氏(66)が退任し、初のドイツ人以外の社長となるオラ・ケレニウス氏(49)が就任。「自動車の父」ともいわれるダイムラーだが、リストラや一段のグループ再編の観測が浮上するなど課題は多い。再び成長軌道を描けるかどうか早くも新社長の手腕が問われそうだ。

同日、ベルリンで開いた株主総会。社長を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報