2019年6月25日(火)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

朝乃山、攻めきり完勝 まさかの単独トップ

2019/5/22 22:30
保存
共有
印刷
その他

幕内前半の出番を終えて気持ちよく引き揚げた朝乃山も、その後の波乱続出は想像だにしなかったはずだ。絶好調の栃ノ心、盤石の鶴竜がバタバタと倒れ、気づけば単独トップに。支度部屋で「いつも通り」「平常心」と念仏のように唱える朝乃山の心も、さすがにざわついただろう。

【関脇以上が総崩れ、平幕・朝乃山が単独トップ】

佐田の海(左)を攻める朝乃山

佐田の海(左)を攻める朝乃山

西前頭8枚目だけに役力士との対戦はないが、相撲内容は右肩上がり。この日は技巧派の佐田の海にかち上げから右を差すと、迷いなく前進した。勢いが良すぎて危うく左足親指が俵を越えかけたものの、クイッと指を上げて勇み足を逃れた。

物言いこそついたが、「攻めて攻めて攻めきっている。足も止めなかった」と自賛する通りの完勝だ。連ねた白星が自信を生み、さらに結果につながる好循環。ふがいない大関らの総崩れの産物とはいえ、大きなチャンスが巡ってきた。

上位戦も組まれる見込みの終盤へ向けて「楽しむだけ。余計なことは考えたくない。自分の相撲を取りきるだけです」。ここからは初体験の追われる重圧、頭にちらつく邪念との戦いだ。(本池英人)

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 右上腕負傷で夏場所を全休した横綱白鵬は25日、愛知県豊田市の宮城野部屋で四股やダンベルを使ったトレーニングなどで体を動かし「思っているように動けている。大型力士との稽古も試したい」と、明るい表情だっ …続き (17:22)

名古屋市内で開かれた力士会後、取材に応じる大関貴景勝(25日)=共同

 右膝に不安を抱え、大相撲名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)の出場が不透明な22歳の大関貴景勝が25日、名古屋市北区の千賀ノ浦部屋で稽古を再開した。初のかど番となる今場所に向け「どうなる …続き (16:09)

大相撲名古屋場所の番付表を手に笑顔を見せる東前頭筆頭の朝乃山(24日、愛知県蟹江町の高砂部屋宿舎)=共同

 大相撲名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)の新番付が発表された24日、5月の夏場所で初優勝した東前頭筆頭の朝乃山(富山県出身、高砂部屋)が愛知県蟹江町の高砂部屋で記者会見し「優勝したこと …続き (24日 12:05)

ハイライト・スポーツ

[PR]