2019年6月20日(木)

東電や関電、7月の電気料金引き下げ LNG安で

環境エネ・素材
2019/5/22 22:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力ホールディングス傘下の小売事業者、東京電力エナジーパートナー(EP)や関西電力は、燃料価格を料金に反映して調整する制度(燃調)に基づき7月の電気料金を引き下げる見通しだ。液化天然ガス(LNG)の輸入平均価格の下落を反映。都市ガス大手もガス料金を引き下げる。家計などに恩恵が広がりそうだ。

平均的なモデル料金は、東電EPが前月比で35円程度安い7236円前後、関西電力は35円程度安い6857…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報