2019年6月19日(水)

新興企業、6年ぶり減益 18年度9%減 スマホゲーム不振、人件費増も重荷

2019/5/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東証マザーズなど新興市場に上場する企業の2018年度の純利益は前の年度に比べて9%減った。12年度以来、6年ぶりの減益だ。スマートフォン(スマホ)向けゲーム会社の利益が落ち込んだほか、人手不足で人件費が増えた外食や小売業の減益が響いた。内需が主体の新興企業の業績は安定成長が続いてきたが、大企業に続き収益の転換点を迎えている。

東証マザーズ、ジャスダック市場に上場し、11年度まで継続して比較できる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報