/

この記事は会員限定です

静岡企業、自動運転やEV技術をPR 「人とくるま展」開幕

[有料会員限定]

「人とくるまのテクノロジー展2019」が22日、横浜市で開幕した。国内外から過去最高の624社(昨年597社)が出展。静岡県の企業では、これまでの部品製造技術を生かして独自色を出した次世代自動車向けの部品や技術の展示が目立った。またトヨタ自動車系の部品各社も電気自動車(EV)などの電動車や自動運転車向けの商品をアピールした。

静岡県の企業では、バックミラー大手の村上開明堂がカメラやセンサ用の「はっ水コート」を展示した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1070文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン