2019年6月25日(火)

東洋紡、帝人のフィルム事業買収 100億円で

環境エネ・素材
アジアBiz
関西
2019/5/22 21:00
保存
共有
印刷
その他

東洋紡は22日、帝人から電子部品などに使うポリエステルフィルム事業を約100億円で買収すると発表した。10月1日付で帝人の子会社2社の全株式を取得する。東洋紡は成長分野と位置づけるフィルムの生産・開発体制を強化する。一方、帝人は炭素繊維やヘルスケアなどの中核事業に注力する。

東洋紡はセラミックコンデンサーの製造用フィルムの生産増強を進めている(福井県敦賀市)

買収するのは帝人フィルムソリューション(東京・千代田)とポリエステルフィルム事業を担うインドネシア法人で、年間売上高は合わせて約300億円。両社はセラミックコンデンサーの生産工程や缶詰の包装などに使うポリエステルフィルムを生産・販売している。

買収で東洋紡のポリエステルフィルムの国内の年間生産能力は約11万トンと、約4割増える見通し。買収する2社はそれぞれ宇都宮市とインドネシアに工場を保有している。関東と海外に生産拠点を得られる効果などが大きいと判断した。東洋紡の森重地加男常務執行役員は「帝人は薄く強いフィルムをつくる技術を持つ。買収で高付加価値品の開発を強化できる」と話す。

東洋紡は自動車の電装化によるフィルム需要の増加を見込む。同社は小型セラミックコンデンサーの生産に必要な平らで滑らかなフィルムを得意としている。フィルム・機能樹脂事業の売上高を2021年度までに1750億円と18年度比1割強増やす目標を掲げる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報