2019年6月18日(火)

三井情報、印IT大手と協業拡大 ERP移行支援で

ネット・IT
エレクトロニクス
2019/5/22 19:57
保存
共有
印刷
その他

システム開発の三井情報は、独SAPの統合基幹業務システム(ERP)の移行支援サービスでインドIT(情報技術)大手のテックマヒンドラとの協業を拡大すると発表した。三井情報は今年度からSAP関連の技術要員を約600人まで拡大することを目指しており、テックマヒンドラ側がその半分を確保する。日本とインドの両社拠点で、共同での開発や導入プロジェクトを進める。

協業の中心となるインド西部のテックマヒンドラの拠点(マハーラーシュトラ州)

SAPの既存製品の保守期限が2025年に終了することを受け、最新版の「S/4HANA」への移行を検討する企業が増えている。三井情報は基幹システムのバージョンアッププロジェクトなどで蓄積したノウハウを生かし、国内企業に向けて移行の意思決定から本番移行、移行後の効果的な活用までを支援するサービスを提供している。

一方で、国内では技術要員の不足が深刻化している。そこでテックマヒンドラとの協業を拡大し、移行支援体制を強化することを決めた。テックマヒンドラはグローバルでSAP製品の導入やサポートの実績があり、経験豊富な技術者を多く抱えているという。三井情報が国内企業に特有の商習慣や税制・法制などの知見を提供し、質・量ともに十分な要員を短期間で確保することを目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報