2019年6月20日(木)

ラグビー

沸き立つラグビーW杯(4)開催都市に「千載一遇の好機」
(ルポ迫真)

社会
2019/5/23 1:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「これから温泉でも行こうか」。4月中旬、静岡県袋井市の会社員、岡田修(51)が英語で声をかけると、ダイニングの椅子に座った17、18歳の少年2人は「最高だね」と喜んだ。

この日は岡田家にとって、ラグビーワールドカップ(W杯)の「前哨戦」。大会中の外国人観戦客のホームステイに備え、シドニーから訪れた学生ラグビーチームの2人を2泊3日で受け入れた。カツ丼に花火にカラオケ。長男の健汰(10)も慣れない…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

 【ロンドン=共同】国際統括団体のワールドラグビー(WR)は19日、日本も参加して2022年からの新設を目指していた各国・地域代表による国際大会「ネーションズ選手権」の開催を断念すると発表した。期限ま …続き (13:41)

 ラグビーのトップリーグ、NTTコミュニケーションズは19日、南アフリカ代表24キャップを持つフッカー、マルコム・マークス(24)が加入すると発表した。合流時期は未定。〔共同〕 …続き (11:00)

 ラグビーのパシフィック・ネーションズカップ(7月開幕)に向けて宮崎市で合宿中の日本代表が19日、9日からの第1クールを終えた。ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は「非常にいい合宿がすごせた。セットプレー …続き (19日 19:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]