2019年6月20日(木)

気球で福島を応援 南相馬と浪江でイベント

北海道・東北
2019/5/22 20:21
保存
共有
印刷
その他

東日本大震災の被災地の福島県を気球愛好家らが支援する「のまおい夢気球プロジェクト」が今週末、南相馬市と浪江町で開かれる。

2018年の「のまおい夢気球」

南相馬市の雲雀ケ原では25日の夕方、気球の炎で風船部分をぼんぼりのように明るくする「バルーングロー」を5~6機で披露する。幻想的な光景が楽しめるという。

翌26日、午前6時半から9時まで無料体験搭乗会を開く。4~5人乗りの気球2機で地上約25メートルまで垂直に上昇し3~5分の遊覧が体験できる。早朝に開くのは大気の安定が期待できるため。

浪江町はふれあいセンターグラウンドで、25日午前7時から9時まで気球1機で無料搭乗会を実施する。

プロジェクトは震災翌年の2012年から始まり今年で8回目。浪江町で開くのは初めて。

九州、関東などから気球を持つ愛好家や企業が「手弁当で集まる」(実行委員会)という。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報