2019年6月20日(木)

北海道の輸出5カ月連続減、ホタテ不漁も響く

自動車・機械
サービス・食品
2019/5/22 20:00
保存
共有
印刷
その他

函館税関が22日発表した4月の北海道外国貿易概況(速報)によると、輸出額は前年同月比34%減の272億6600万円で、5カ月連続のマイナスだった。魚介類とその調製品の輸出額が40億5300万円で、約52%減った。内浦湾(噴火湾)でホタテ不漁が続き、中国などへの輸出が低迷している。有機化合物、鉱物性タール・粗製薬品の輸出額も減った。

ホタテの不漁も輸出の減少に拍車をかけた

輸入額は約24%増の1344億6700万円で、4カ月ぶりに前年同月を上回った。クウェートなどからの原油・粗油、ブルネイやオーストラリアの液化天然ガス(LNG)、豪州産石炭といった化石燃料の輸送船入港が相次いだためだ。

函館税関の支署別貿易額をみると、室蘭は輸出入額それぞれで前年同月の30%台にとどまった。JXTGエネルギー室蘭製造所(室蘭市)が2018年度で石油製品の生産を終えて物流拠点へ切り替わり、室蘭港での原料・燃料の輸入が減った影響とみられる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報