2019年6月17日(月)

中部空港、海上ルートで避難訓練 南海トラフに備え

住建・不動産
サービス・食品
中部
2019/5/22 19:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部国際空港(愛知県常滑市)は22日、地震や豪雨などで連絡橋が遮断されたとの想定で、孤立した利用客を船舶による海上ルートで避難させる初の大規模訓練を実施した。昨年9月に台風の直撃で約8千人が取り残された関西国際空港の被害を教訓に、地元自治体や関係各社が参加して改善点などを洗い出した。南海トラフ巨大地震の備えにも生かす。

「まもなく出港します」。22日午後、救助担架の負傷者ら約30人を乗せた船が空…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報