/

この記事は会員限定です

ファーウェイ制裁、サムスンのスマホ利益押し上げ

証券会社「増益効果1300億円」の予想も

[有料会員限定]

【ソウル=山田健一】中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)への米国の事実上の輸出禁止措置が、韓国サムスン電子の業績に追い風になるとの見方が韓国国内で出ている。米国の規制が続けば、ファーウェイと競合するサムスンの2019年のスマートフォン(スマホ)事業の利益が1兆4000億ウォン(約1300億円)程度押し上げられるとの予想も浮上している。

米調査会社IDCの調べによる18年通年のスマホの世界...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り709文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン