2019年6月19日(水)

JR西、岡山の5駅を無人化 来月から

サービス・食品
中国・四国
2019/5/22 18:48
保存
共有
印刷
その他

JR西日本岡山支社は6月1日から、岡山県内の5駅を無人駅にすると発表した。長期的に人口減などに伴う労働力不足が予想され、全体でのサービス維持や安全の担保ができなくなる恐れがあるためとしている。駅舎やホームの清掃、利用者の乗降時の介助は、近隣にある有人駅の係員が定期的に巡回するなどしてカバーする。

対象となるのは山陽本線の熊山、万富、上道、里庄の各駅にあるみどりの窓口、赤穂線の日生駅の切符売り場。切符の販売や改札は機械での対応になる。

同支社管内の全154駅(県内は123駅)のうち、既に105駅(同86駅)が無人。有田泰弘支社長は「(無人駅化は)今回で終わりではなく、利用客の反応などを見ながら引き続き検討していく」との方針を示した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報