2019年6月18日(火)

三菱自COO 3社連合「ツールとして活用」

自動車・機械
2019/5/23 0:00
保存
共有
印刷
その他

三菱自動車のアシュワニ・グプタ最高執行責任者(COO)は22日、仏ルノー・日産自動車との日仏連合について「ツールとして活用して三菱自の業績を向上させる」との方針を示した。同氏はルノー出身で、4月に三菱自のCOOに就任した。同社の経営については「全てをやるより、深く何かに注力することが大切だ」として、選択と集中という従来の方針を引き継ぐ考えを示した。

取材に応じる三菱自動車のアシュワニ・グプタ最高執行責任者(22日、東京・港)

同日、都内で日本経済新聞社などの取材に応じた。グプタCOOはルノーや3社連合で商用車を統括した経験を持つ。三菱自については「規模は小さいが、独自の技術や商品で多くの価値を提供できる」と評した。

三菱自が課題とする車の電動化については、得意とするプラグインハイブリッド車(PHV)を「戦略の柱」に据える。まずは主力車「アウトランダー」の欧米で展開するPHV車両を「(19年以降に)サウジアラビアやインドネシアへ投入する」方針を示した。

一方、4月にルノーが日産へ経営統合を打診した問題については「聞いたことがなく、特に懸念はしていない」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報