2019年6月27日(木)

アヲハタ、ジャム用異物検査装置を開発、ニコンと共同

サービス・食品
中国・四国
2019/5/22 17:55
保存
共有
印刷
その他

国内ジャム最大手のアヲハタは22日、ニコンと組みジャムに混入した異物を自動で検査する装置を開発したと発表した。ニコンが持つ光学技術を活用し、製造ラインに流れる原料から異物を検知する。人工知能(AI)を活用したシステムも組み合わせることで、検査の精度を高めた。主力の「アヲハタ55ジャム」などの生産ラインに5台導入した。

アヲハタはニコンとジャム用の異物検査装置を共同開発した

従来の検査工程では原料となるフルーツの葉やヘタ、枝などの異物を目視で取り除いていた。自動化で従業員の負担を軽減させるほか、検査の精度のばらつきを抑える。

アヲハタは2016年からニコンと共同で異物検査装置の製造を始めた。ニコンの光学技術の活用で、原料ごとに異なる果肉と異物の識別を可能にした。検査装置は国内工場で順次導入することを検討している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報