/

アヲハタ、ジャム用異物検査装置を開発、ニコンと共同

国内ジャム最大手のアヲハタは22日、ニコンと組みジャムに混入した異物を自動で検査する装置を開発したと発表した。ニコンが持つ光学技術を活用し、製造ラインに流れる原料から異物を検知する。人工知能(AI)を活用したシステムも組み合わせることで、検査の精度を高めた。主力の「アヲハタ55ジャム」などの生産ラインに5台導入した。

従来の検査工程では原料となるフルーツの葉やヘタ、枝などの異物を目視で取り除いていた。自動化で従業員の負担を軽減させるほか、検査の精度のばらつきを抑える。

アヲハタは2016年からニコンと共同で異物検査装置の製造を始めた。ニコンの光学技術の活用で、原料ごとに異なる果肉と異物の識別を可能にした。検査装置は国内工場で順次導入することを検討している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン