/

この記事は会員限定です

ヤマトHD、「人員増で成長」の勝算

証券部 松川文平

[有料会員限定]

ヤマトホールディングス(HD)の収益拡大への期待が後退している。4月に2019年3月期の業績予想を下方修正したのをきっかけに株価は下落。値上げによる業績改善期待で株価が上昇する前の水準に戻った。20年3月期の連結営業利益は前期比23%増の720億円と最高益を見込む。それにも関わらず株価がさえない一因は、ライバルと異なり自社で多くの社員を抱える戦略で収益を伸ばすのが、難しいとみられているためだ。

「今期も働き方改革などの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1278文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン