地銀の出資規制、一部緩和へ 金融庁
地域活性化目的で全額出資も

2019/5/22 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金融庁は地方銀行による企業への出資規制を一部緩和する方針だ。現在は原則5%までに制限しているが、地域産品の市場開拓などを通じて地域活性化に取り組む会社に対しては、全額出資も視野に規制を緩める。人口減少を背景に地銀の経営は厳しさを増しており、自らの経営基盤である地域経済の活性化を後押ししやすい環境を整える。

金融庁はすでに地銀側にこうした方針を伝えており、早ければ今年度から認める。具体的には農産品…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]