2019年6月25日(火)

地銀協会長、「なぎの状態変わる」 信用コスト増で

金融機関
2019/5/22 20:00
保存
共有
印刷
その他

全国地方銀行協会の柴戸隆成会長(福岡銀行会長兼頭取)は22日の定例記者会見で、地銀の2019年3月期決算で融資先の倒産に備える信用コストが増加したことについて、「転換点かなと思う」と指摘した。同協会がまとめた地銀の信用コストは計2902億円と、前の期の3倍に増加した。

一部の銀行が巨額の与信費用を計上したことが響いた。柴戸会長は全体ではなお低水準としながら、今後は「なぎのような状態から変わる」と話し、信用コストは一定の水準で推移するとの見方を示した。

地銀の経営改善策として指摘される統合については、「経営戦略の手段の1つ。正解かは各行の戦略に関わることだ」と語った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報