2019年6月19日(水)

最低賃金「早期に1000円」骨太方針へ 地方に照準

政治
2019/5/23 2:00
保存
共有
印刷
その他

経済財政諮問会議であいさつする安倍首相(14日、首相官邸)

経済財政諮問会議であいさつする安倍首相(14日、首相官邸)

政府・与党は最低賃金を早期に全国平均で1000円に引き上げる目標を掲げる。都市部に比べ低位にとどまる地方の所得水準を引き上げ、「アベノミクス」の果実を全国に波及させる狙いがある。とりわけ最低賃金の水準が低い東北地方や沖縄県は夏の参院選で激戦が予想されており、選挙にらみの色彩も帯びる。

【関連記事】最低賃金、海外でも引き上げ 日本は先進国で低位

自民党の最低賃金一元化推進議員連盟(会長・衛藤征士郎氏)は22日の会合で最低賃金引き上げに関する提言を近くまとめ、政府に要請する方針を確認した。議連幹事長の山本幸三氏は「最低賃金の全国一元化は地方創生のカギだ」と述べた。

公明党の石田祝稔政調会長は22日、首相官邸で菅義偉官房長官と会い、政府が6月に決める経済財政運営の基本方針(骨太の方針)に2020年代前半に最低賃金を1000円に引き上げる目標を盛り込むよう求めた。

政府は早期に1000円に引き上げる目標を骨太の方針に明記し、これまで3%にとどまってきた最低賃金上げのペースの加速を促す。最低賃金の目安は、厚生労働省が設置する学識者と労使の代表による「中央最低賃金審議会」で夏ごろ決める。骨太方針で方向性を示し、議論を先導する。

最低賃金は都道府県ごとに物価など経済状況を反映するため、地域によって水準が異なる。最も高い東京都の985円と最も低い鹿児島の761円では224円の開きが生じている。

政府・与党は地方の所得水準の底上げを重視する。安倍晋三首相は12年にアベノミクスを打ち出し「全国、津々浦々に浸透させ、景気回復の実感をとどける」と約束してきた。しかし、地方では景気回復の実感が乏しいとの声がなお多い。今年10月には消費税の引き上げが待ち受ける。

最低賃金引き上げを主導したのは菅氏だ。14日の経済財政諮問会議では民間議員が5%の引き上げに言及すると「最低賃金の引き上げは極めて大事だ」と賛意を示した。「人口・消費は約3割が東京圏にあるが、約7割ある地方で所得を上げて消費を拡大することが大事だ」と説いた。

菅氏は最低賃金の引き上げはパートの賃上げに高い効果を発揮するとみる。政府推計によると、12年に発足した安倍政権で最低賃金を125円上げたことにより、パートの平均賃金は77円増えた。消費の拡大を誘発していると分析する。

経済産業省などには最低賃金の引き上げで中小企業の経営環境が悪化するとの慎重論もあった。

諮問会議の事務局である内閣府は14日の諮問会議の前に、5%といった具体的な引き上げ幅を民間議員の提言案から外した。一方で「より早期に1000円になることを目指すべきだ」との文言を残し、引き上げペースの加速をにじませた。

地方への目配りは、夏の参院選を意識しているからだ。自民党は13年参院選の1人区で29勝2敗だったが、野党が候補者を一本化した前回の16年参院選は21勝11敗となった。東北5県や甲信越3県のほか三重、大分、沖縄で敗れた。自民党は昨年末、この11県を最優先で人やお金を割り振る「激戦区」に指定した。

最低賃金が低い地域は自民が敗北した地域とも重なる。青森、岩手、大分、沖縄は762円と、最も低い鹿児島に次いで低位にとどまる。山形も763円だ。地域経済や雇用問題への有権者の関心は高く、政府が水準を設定しやすい最低賃金に与党の関心が集まる。

【関連記事】
賃金水準、世界に劣後 脱せるか「貧者のサイクル」
最低賃金、一部業種で全国一律化を検討 厚労省
全国一律の最低賃金、波紋広がる 実現は難航必至
「全国最下位」を抜け出せ 最低賃金上振れに地方の争い

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報