2019年6月16日(日)

与党、参院歳費自主返納へ法案要綱を提示 与野党幹部が会談

政治
2019/5/22 16:34
保存
共有
印刷
その他

与野党の参院幹事長は22日、国会内で会談し、参院の定数増に伴う歳費削減を巡り協議した。自民、公明両党は国民民主党が歳費の自主返納を提案したことを踏まえ、歳費法改正案の付則に1人当たり月7万7千円を目安に国庫へ返納できるよう明記する案を示した。与党は今後、野党と個別に協議し、早期に結論を得る考えだ。

参院は夏の参院選で改選定数が3増える。与党は定数増によって増える経費を削減するため、歳費を一律で1人当たり月額7万7千円減らす歳費法改正案をすでに国会に提出している。野党は定数増自体に反対し、協議が難航している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報