トンボ鉛筆のテープのり かかる力を半減

2019/5/22 15:59
保存
共有
印刷
その他

トンボ鉛筆(東京・北)はのり付けにかかる力を従来品で半減したテープのり「ピットエアー」を6月1日に発売する。従来品はのり切れをよくするため供給リールの回転を重くしており、のりを引くのに力が必要だった。「ピットエアー」では、紙の表面に当てると先端部が動くように機構を工夫。それによって供給リールのロックが外れ、スムーズに動くようにした。

トンボ鉛筆が発売するテープのり「ピットエアー」

新配合ののりを採用し、曲面接着力を従来比で5倍に高めた。湾曲した紙の反発にも耐える。

テープ幅は8.4ミリメートル。希望小売価格は16メートル巻のスタンダードタイプで税別400円。発売から1年間で約120万個の販売を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]