/

この記事は会員限定です

食品工場の自動化、官民でモデル開発 生産性底上げ

[有料会員限定]

農林水産省は人手不足が深刻な食品製造業向けに、工場での省人化技術を民間企業と共同開発する。人工知能(AI)を活用した検品作業の自動化や、効率の良い工場の動線などの開発を進める。業界全体の取り組みで収益力を高め、国産食品の輸出拡大などにつなげる。

今夏にも食品メーカーが参加する5つ程度のグループをつくり、工場の生産性を高める機器の設計や試作をする。2020年度には実際に工場へ機器を導入し、生産性が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り591文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン