/

この記事は会員限定です

荒木町のナイチンゲール 笹公人

[有料会員限定]

イラストレーターの和田誠さんからお誘いを頂き、「連句」の本『連句遊戯』を出させて頂いたことがある。

「連句」とは、連衆(れんじゅ)と呼ばれるメンバーが決められたルールに沿って、五七五の長句に七七の短句を付け、さらに連衆が五七五の長句を付けといった具合に、句の付け合いを行ない、前後で句のイメージを膨らませたり、変化させるとともに、三十六句(これを歌仙と呼ぶ)全体でひとつの流れやストーリーを感じるもの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1201文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン