/

この記事は会員限定です

人工肉でステーキを 細胞培養肉、実用化へ

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

半透明のゼラチンに見える約1センチの小さなかたまり。これが牛のステーキになると言われると多くの人は戸惑うだろう。だが、それが現実のものになる可能性が出てきた。日清食品ホールディングスと東大の研究チームが世界で初めて生産に成功したサイコロステーキ状の筋肉組織だ。

日本では大量の食品廃棄が社会問題になっている。だが地球規模で見れば、人口増で膨張し続ける食料需要にいまの生産基盤で応えきれるかどうかが大きな関心事。もし家畜や水産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1614文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン