/

この記事は会員限定です

iPSで創薬期間「半減」 小野薬品や大日本住友など

[有料会員限定]

iPS細胞から人間の細胞を再現して創薬を効率化する「iPS創薬」が日本の製薬企業に広がっている。小野薬品工業は人間の腸細胞を再現し、新薬の吸収を調べる研究を始めた。大日本住友製薬は脳神経を作り、新薬開発に生かす。10~15年かかる開発期間を半減できる可能性があり、各社はコストや失敗リスクを抑えた開発手法の確立を急ぐ。

小野薬品はこのほど大阪大学と共同で、iPS細胞から腸の細胞を作製した。口から飲み込む薬品は小腸で吸収されて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1041文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン