/

灘→ハーバードの「天才児」 被災地で知るアートの力

アマトリウム社長 丹原健翔さん

灘高校から米ハーバード大進学、休学して東北でNPOを立ち上げ、パフォーマンスアーティストとして活動、さらに日本でアート関連のスタートアップを起業したという、きらびやかすぎる経歴を持つ丹原健翔さん。「新しいことをするのはリスクではない」と言ってのける「天才児」は、なぜアートにたどり着いたのか。

もじゃもじゃ頭にヒゲ、そして淡々とした語り口から突如として驚きのエピソードが飛び出す。「幼少期にタスマニアに住んでました」「尿を売るカフェをやろうと思って」。丹原さんをよく知る人物によると、「たまに話が飛んで、『え?』って聞き返すようなことがある。興味があるものに対する行動力がすごい」という。

例えば、関西屈指の名門校、灘高で部活の掛け持ちをしていたというが、その数はなんと10個。模擬国連、英語劇、マジカル同好会、バンド……。「気になると、いてもたってもいられなくなる」性格と自認する。

「灘から東大へ行く人が多いですが、塾に行かないと東大は入れない。でも僕は誰よりも部活を頑張っているという自負があり、勉強しかしない同級生を見下している部分がありましたね。でも模擬試験で彼らが東大A判定で僕がB判定しかとれない、というのが現実。そこで海外受験って課外活動を評価してもらえるんじゃないかと思って、海外大を受験することにしたんです」

留学先で。左から2番目が丹原さん

そして世界最高峰の大学、ハーバードに進学。ここまで聞くと、ちょっといけ好かないやつだと思うかもしれない。ところが、そんな天才児も大学2年生で壁にぶつかった。そして突然、休学という選択をとる。

論理を超えるアートの魅力にとりつかれる

ハーバード大学内のある研究所で手伝いをしていた当時、女性上司がコロンビア大の准教授になるということで祝賀パーティーが開かれた。そのときに彼女が満を持して発表した研究発表が「シャネルやグッチなど高級ブランドの店に半ズボンTシャツ短パンサンダルで行くと、逆にすごい人だと思われる」というような内容だったという。

「まあネタとしては面白いのですが、そのアイデアが出てから発表まで、8年もかけてるんですよね。人生の10分の1ぐらいの時間をかけてその内容って……。スケール感と発表内容のあまりのギャップに絶望してしまいました」

大学に入ってからあまり成長していない自分を変えるためにも実践の場がほしい――。そう思ったとき、目に留まったのが、東日本大震災の復興支援ボランティアの求人だった。震災から1年経過した2012年のことだ。東北で今後は心のケアが必要になってきているという話を聞き、ハーバードで学んだ心理学を実践できるかもしれないと思い立った。

被災者への支援を行う一般社団法人で働き、ワークショップを通じて心のケアにあたった。そこで丹原さんはある傾向に気付く。ワークショップの参加者は女性が圧倒的に多かったのだ。東北の男性は、特に漁師町などでは忍耐が徳とされるため、ワークショップのようなものに参加して自分の気持ちを素直に表現することに抵抗感を示したという。

そこで丹原さんは、被災者約150人に対する2時間ほどのライフストーリーインタビューを約2年間かけて実施した。過去、現在、未来の人生をじっくり語ってもらった内容を編集し、映像アート作品に仕立てた。「はじめて過去の体験を言葉にすることができた」「よくわからないけど、話した夜、初めて睡眠薬を服用せずに眠れた」。アート作品作りに参加者した人々から様々な感動の声を聞き、丹原さん自身も心を揺さぶられた。

「アートという表現方法の力を感じた」と丹原さん。「論理を超えて人の心を動かせるものがあることを知った。すごく魅力というか、チャレンジングな可能性を感じたんです」。ハーバードに戻った丹原さんは美術史の勉強を始めると同時に、自ら実践者としてアーティストとしても活動を始めた。

アートを作る側から支援する側に回る

丹原さんのアート表現

尿を売るカフェ、風呂の湯を飲む会。彼が手掛けたのは物理的な作品ではなく、空間や状況を作る「パフォーマンスアート」と呼ばれる分野だ。テーマだけを聞くとぎょっとするが、「人間関係を証明する儀式」に興味を持ったのだという。

「知り合いのAさんとBさんの『どっちが好きか』と直接的に聞くと答えるのは難しいでしょう。しかし、AさんとBさんがそれぞれ入ったお風呂のお湯があって、どちらか飲まないといけないとしたら、おそらく答えは出せるんですよ。踏み絵というか、儀式を通すことで、普段はふわっとしている人間関係とかが見えてくるっていうのって面白いなと思って」

そんな奇想天外な作品が認められ、このまま卒業後はアーティストとして活動しても食べていけるかもしれないというぐらいには収入を得られるようになっていた。そのときふと東北で出会ったアーティストや美大生のことを思い出す。

「日本で出会った、すごく才能があると尊敬する人たちがあまり評価されていない、食っていくのが難しいという現状に違和感がありました。かっこいいと思っている人がかっこいいことができていない状況って僕はどうしても納得できなくて」。自分はサポートする側にいこうと、卒業後の2017年、アート作品のデジタル化を手がける「アマトリウム」(東京・港)を起業した。

アート版「ネットフリックス」を構想する

「アート業界は作品の売買だけで成り立っている狭い市場」と丹原さんは言う。しかし映像や音楽業界を見渡せば、イベントやレンタル、ストリーミング配信など、市場が徐々に広がっている。この波は必ずアート業界でも起こるとみている。

その準備として取り組むのが「デジタルギャラリー」や、ブロックチェーンを活用した取引システムの構築だ。「デジタルギャラリー」とは、ネットの画面上で展覧会を楽しめるようにして、家でもデジタルフレームなどで飾り、気に入ったら本物を買えるようにするという仕組みだ。さらにデジタル作品が取引される時代になったときに不正防止の仕組みとしてブロックチェーンが必要になってくるとみて、業界団体も立ち上げた。

ブロックチェーンと言うと難しく聞こえるが、やろうとしていることは実にシンプルだ。アートを作る人も買う人も、どちらもハードルを下げて気軽に楽しめるようにして市場を拡大することだ。

足元の収益源としては展覧会の受託や若手アーティストのマネジメントなどを手掛ける。市場を拡大するにはコレクター(買い手)も必要だということで、今まであまりギャラリーに足を踏み入れたことがない企業経営者などを招待する個展も開くが、「これは全然お金にならないですね。僕に入ってくるのは数万円です」。

損益はほぼトントン。将来の開発資金などは資金調達頼み。デジタルギャラリーはネットフリックスのような定額制のビジネスモデルを考えており、将来的にはこれが収益源になるとみているが、システム開発やコンテンツの充実はまだ時間がかかりそうだ。投資家にも正直に「僕の会社はすぐに大きくなる会社ではない」と説明する。

「自分がいいと思ったアーティストが食っていける世界を作りたいというワガママを突き通せるという、わりと幸せな環境なわけで。そういう環境になると、どんどん新しいことをやるのは意外とリスクじゃないのかもと思えるようになりましたね」。丹原さんはそう語って笑顔を見せた。

丹原健翔(たんばら・けんしょう)氏 1992年生まれ。東京都出身。灘高校を卒業後、米国ハーバード大学で心理学を専攻。一時休学し、東日本大震災の被災地でボランティア活動を行った際、アートに出会う。卒業後に帰国し、2017年にアマトリウムを設立した。

(安田亜紀代)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン