/

米メルク、がん製薬ベンチャー買収 1200億円で

【ニューヨーク=西邨紘子】米製薬大手メルクは21日、がん治療薬を開発する米非公開企業ペロトン・セラピューティクス(テキサス州)を10億5000万ドル(約1200億円)で買収すると発表した。ペロトンが手掛けるがん薬の開発状況に応じ、11億5000万ドルの追加支払いでも合意した。2019年7~9月期中の手続き完了を見込む。

米メルクは2023年までをメドとする拠点再編計画をSECに提出した=ロイター

メルクは主力のがん免疫薬「キイトルーダ」の売り上げが急拡大する中、相乗効果が見込めるがん分野での新薬拡充に力を入れている。ペロトンは開発中の経口低分子薬「PT2977」が腎臓がん向けで治験の中期段階にある。同薬は、より幅広い種類のがんへの治療効果も期待されているという。ペロトンは直近で、新規株式公開(IPO)に向けた準備を進めていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン