川重、水素液化設備を商用化 来年めど

2019/5/21 23:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

川崎重工業は国内メーカーで初となる水素を液化する設備の商用化に2020年をめどに乗り出す。水素の効率的な輸送ができ貯蔵も含めた供給網を整えられれば、水素を使う燃料電池車(FCV)や水素ステーションの拡大や、水素をつかった発電など利用機会が広げられる。次世代エネルギーとして注目される水素の普及を後押しする。

同社は水素を冷却して液化させる液化機を手掛けている。専用の運搬船が必要だが、純度が高く輸送…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]