/

この記事は会員限定です

対中関税 惑う日本企業 移管や価格転嫁、知恵絞る

[有料会員限定]

トランプ米政権が中国への制裁関税「第4弾」を発表したことを受け、日本の製造業が対応に苦慮している。今回の制裁対象はゲーム機や腕時計、スポーツシューズなど、日本企業が強い消費財も網羅する。日本企業の中国拠点から米国への輸出総額は年1兆円規模とみられる。コストをかけて生産拠点を移すか、販売価格上昇を覚悟で関税を支払うか。6月末以降とされる発動をにらみ、日本企業も対策を迫られる。

米通商代表部(USTR...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1151文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン