2019年6月25日(火)

越前和紙、世界を開拓 老舗問屋を経営する杉原吉直さん
拓き人 福井から

サービス・食品
北陸
2019/5/22 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福井県越前市で約1300年前から連綿と作られている「越前和紙」。その職人を束ねる老舗卸問屋として、建築やデザインの世界に魅力を広めているのが杉原商店社長の杉原吉直(57)だ。伝統の世界に新しい風をふき込み続ける。

「数メートル四方の大きな紙や1枚だけのオーダーメード。建築の世界にもマッチしたのは産地がもともと持っていた力だ」。こう話す杉原だが、近年、装飾や壁紙に越前和紙を使う建築が増えているのは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報