2019年6月19日(水)

軽度障害者向けシェアハウス、南魚沼に6月開業

ヘルスケア
住建・不動産
サービス・食品
北関東・信越
2019/5/21 20:00
保存
共有
印刷
その他

介護サービスを手がけるあんしん(新潟県湯沢町)は6月1日、同県南魚沼市内に軽度障害者向けのシェアハウスを開業する。入居者は18歳以上の男女が対象。共同生活を通じて社会性を身につけてもらうほか、地元企業への就職も支援する。

最大収容人員は60人

「シェアハウス南魚沼」はJR六日町駅から徒歩7分の場所で、地方銀行の保養所を改装した。2階建てで、延べ床面積は600平方メートル強。相部屋の寝室は15室で、最大収容人員は60人。共同の食堂や居間を備え、入居者同士の交流を促す。月額賃料は3万円(食費を除く)。

軽度の身体・精神障害者を対象に受け入れる。職員の助言を受けながら掃除や洗濯、金銭管理などを経験してもらう。同社は「一人暮らしを通じて自分の長所を探してもらい、地元の宿泊施設などでの就職につなげたい」としている。

入居希望者の不安を和らげるため、6月1日~8月30日の期間中に3泊4日の無料宿泊体験も実施する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報