/

J2水戸、アトラエと資本業務提携 組織力向上へ

サッカーJ2の水戸ホーリーホックは、求人サービスを手掛けるアトラエと資本業務提携した。出資額は非公表。アトラエが提供するソフトを活用し、J2水戸の組織力や士気の向上を図る。

アトラエが提供する「wevox(ウィボックス)」を今後、J2水戸に取り入れる。同ソフトは従業員のやる気や自主的な貢献意欲を可視化し、組織改善を図れる特徴を持つ。選手やスタッフがチームのビジョンを共有でき、「パフォーマンスの向上につながるのではないか」(アトラエの新居佳英最高経営責任者)という。

21日の記者会見でJ2水戸の沼田邦郎社長は「一緒にクラブを作っていただけるというのが(提携の)決定打。世界に羽ばたけるようなクラブにしたい」と意気込んだ。キャプテンの細川淳矢選手も「このクラブを応援して良かったと思っていただけるようにまい進したい」と語った。

アトラエはJ2水戸のユニホームパートナーとしての契約も結んだ。ユニホームの背中上部分にアトラエの社名が入っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン