2019年6月20日(木)

野生イノシシに苦慮 餌ワクチン効果未知数、豚コレラ

中部
社会
2019/5/21 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

愛知、岐阜両県が豚コレラの感染拡大の要因とされる野生イノシシ対策に苦慮している。両県が山中にワクチン入りの餌の散布を始めておよそ2カ月。約7割に食べた跡があり捕獲した個体の一部から抗体も見つかった。ただ膨大な頭数全体に抗体が行き渡るかは未知数で、感染例はいまだ相次ぐ。養豚場が集まる一部地域での根絶も目指すが、収束は見通せない。

「一刻も早く沈静化してほしいが、どんな策も一朝一夕にはいかないだろう…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報