/

大和証券G社長、「郵政協業、他分野も」

大和証券グループ本社は21日、経営戦略説明会を開いた。中田誠司社長は記者団に対し、日本郵政グループとの資産形成分野での提携について「相続や事業承継、不動産などに派生する可能性もある」と述べ、他の分野への拡大に期待を示した。

郵政から2%弱の出資を受けたのをきっかけに、郵政グループの株売り出しなどの幹事業務の引き受けにつなげたいとの考えも示した。郵政株を相互に持ち合う可能性は「(郵政側から)大和も、と言われれば」と否定しなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン