/

この記事は会員限定です

製薬工場をスマート化 大草薬品、NTTドコモと連携、増産など目指す

[有料会員限定]

漢方医薬品を製造・販売する大草薬品(神奈川県横須賀市)はNTTドコモと連携し、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を利用して生産性の向上を図る。医薬品の製造・梱包機器などのデータを分析し、生産ラインを効率化することで製造工程をスマート化する。横浜銀が取引先の大草薬品にNTTドコモが提供するサービスを仲介した。

大草薬品は製造余力を増やし、受託生産を拡大するなどして、売上高を現在の約6億円から5年後をメドに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り779文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン