2019年6月26日(水)

セコマ、「災害対応」付き無人店 三井住友海上社員向け

小売り・外食
北海道・東北
2019/5/21 20:00
保存
共有
印刷
その他

セコマ(札幌市)は21日、三井住友海上火災保険北海道本部が入る札幌市内のビルに、同社従業員専用の新店を出した。支払いは電子マネーなどキャッシュレスのみで店員がいない無人店舗だ。飲食料品を中心に品ぞろえをし、普段の食事だけでなく災害時には業務に携わる従業員の食料として活用する。

セコマが三井住友海上火災保険の職員向けに出店した無人店舗(21日、札幌市)

両社は同日、「災害時における防災活動協力に関する協定書」を結び、「セイコーマート三井住友海上札幌MTビル店」を開業した。

三井住友海上の荻原直毅北海道本部長は記者会見で「昨年9月の北海道胆振東部地震では食料の入手が困難だった。災害時に素早くサービスを提供するには職員や代理店向けの備蓄を持っておくことが重要」と述べた。

セコマが災害対応の機能を備えた無人店舗を出すのは初めて。一方で企業内の無人店舗は通常の店より小さいスペースでも採算が取れ、従業員の利便性も高められることから需要があるとみる。昨年11月にはJR札幌駅前のヨドバシカメラ内に出店した。セコマの丸谷智保社長は「工場やシフト制のオフィスなど要請があれば出店していきたい」と話している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報