/

仮想通貨、「暗号資産」に 証拠金取引の規制対象に追加 金融商品取引法改正案が衆院通過

仮想通貨の交換業者や取引に関する規制強化策を盛った資金決済法と金融商品取引法の改正案が21日、衆院本会議で可決し、参院に送付された。今国会で成立する見込みだ。仮想通貨の呼び名を「暗号資産」に変え、少ない元手で多額を売買できる証拠金取引の規制対象に加える。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン