2019年6月19日(水)

銀行が「脱石炭」を急ぐ事情 ESGだけにあらず
アジア総局編集委員 小平龍四郎

英EU離脱
ニュースこう読む
経済
2019/5/23 10:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

二酸化炭素(CO2)を多く排出する石炭火力発電所に対して、銀行が新規融資を相次いで止め始めた。温暖化対策の枠組みである「パリ協定」を意識しての動きだ。さらに目をこらせば、ESG(環境、社会、ガバナンス)の要素を金融機関の規制や監督に取り入れる潮流も、銀行に「脱石炭」を急がせているようだ。

「脱石炭火力」の潮流はアジアで加速している。最近はDBSグループ・ホールディングス、ユナイテッド・オーバーシ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

英シティー(上)の地盤沈下は香港(下)などアジア諸都市が金融ビジネスを広げる機会になる

さらば英シティー、市場の目は「ブレグジット後」へ[有料会員限定]

2019/4/18 6:30
2018年はアジア各地の株式市場でアクティビストの活動が目立った。(香港取引所 撮影:小平龍四郎)

「物言う株主」の経済的な意義は[有料会員限定]

2019/3/14 5:30
繁栄の象徴である高層ビルはまだ光を放っているが…(中国・上海で/撮影 小平龍四郎)

不自然な中国の成長、いつまで信用するか[有料会員限定]

2019/1/31 6:00

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報