/

この記事は会員限定です

[社説]中国は国際金融で大国の責任を果たせ

[有料会員限定]

世界第2の経済大国になり、広域経済圏構想「一帯一路」やアジアインフラ投資銀行(AIIB)を主導する中国。対外融資の情報開示や、国際機関からの借り入れなどでも大国にふさわしい責任ある態度をとる時期にきている。

日米欧の主要債権国の政府代表からなる「パリクラブ」(主要債権国会議)という集まりがある。1950年代にアルゼンチンの対外債務問題を協議するのをきっかけに創設した会議で、今は日米欧のほか、韓国、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り727文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン