/

セブンイレブン、支払いに「ペイペイ」など5方式追加

7月1日めど

セブン―イレブン・ジャパンは21日、7月1日をめどに「ペイペイ」や「LINEペイ」といった国内外5社のバーコードを使ったスマートフォン(スマホ)決済サービスを全店で使えるようにすると発表した。セブン&アイ・ホールディングス(HD)の決済サービス「セブンペイ」の導入に合わせたものだ。

「メルペイ」「支付宝(アリペイ)」「微信支付(ウィーチャットペイ)」も全約2万900店で利用できるようにする。セブンペイは、セブン―イレブン・ジャパンのスマホアプリ「セブン―イレブンアプリ」を通じて提供する。レジやATM、クレジットカードからの入金に対応する。

セブンイレブンのキャッシュレス比率は約35%。セブンイレブン店舗で使えるキャッシュレス決済はこれまで、セブン&アイの電子マネー「nanaco(ナナコ)」や交通系の電子マネー、クレジットカードなどに限られていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン